韓国の反応

韓国人「中国がチップ4への参加にNoと言えって迫ってきてる…」

当サイトはブログランキングに参加しています!ぜひ応援をお願い致します!

米国主導の半導体サプライチェーン同盟であるチップ4(韓国·米国·日本·台湾)に韓国が参加するかどうかを巡り、中国が連日鋭い反応を示している。 「先端産業の要」と呼ばれる半導体分野で米国に命綱を握られたまま淘汰される恐れがあるという恐れがあるためと解釈される。

中国官営メディアは18日から韓国のチップ4参加を牽制する記事を掲載し続けている。 21日、官営<環球時報>は社説で「韓国は米国の脅威に対抗して『ノー』と言える勇気を持たなければならない」とし「このように大きな市場と断絶するのは商業的にはネガティブだ」と指摘した。 <環球時報>は22日、記事ではある専門家を引用して「この20年間、韓国と中国の半導体産業が絡み合って分離しにくく、チップ4に加入する場合、中国を牽制するための手段としてのみ使われるだろう」と話した。 英字官営<グローバルタイムズ>も「過去、日本の半導体産業が設計と生産面で急速に発展し、米国半導体分野に脅威になると、米国は日本製品に高率関税を賦課する方式で牽制した」として「韓国がチップ4に加入しても米国から先端技術を獲得できないだろう」と主張した。

中国外交部も具体的な統計を挙げて牽制に乗り出した。 中国外交部の趙紫健報道官は26日、定例ブリーフィングで「昨年中·韓貿易は前年より26.9%増加し3623億ドルに達し、半導体だけを見れば韓国が昨年輸出した半導体の60%が中国市場に入ってきた」とし「韓国は長期的な利益と公平で開放的な市場原則から出発し客観的で公正な立場で働くことを願う」と話した。 韓国半導体の高い中国依存度を取り上げ、韓国のチップ4への参加をけん制したのだ。

習近平主席は28日、米国のジョー·バイデン大統領との通話で「現在、世界経済情勢は挑戦でいっぱいだ」として「規律に違反しながらデカップリング(脱同調化)と網断絶をすることは米国経済の振興にも役立たず、世界経済をより一層脆弱にするだろう」と「チップ4」結成の試み自体を丸ごと批判した。

中国が韓国のチップ4同盟参加に敏感に反応する理由は、何よりも半導体同盟自体の威力のためだ。 現在、中国は全世界で生産する半導体の60%を使用している。 米国(11%)や韓国(5%)、日本(5%)の5~12倍に達する。 昨年、中国の半導体輸入額は4686億ドルで、原油輸入(2550億ドル)の1.8倍に達した。 しかし2020年基準で中国の半導体自給率は15%程度に過ぎず、それさえも相当部分をTSMCとサムスン電子、SKハイニックスなど中国に進出した外国企業が生産する。 独自の半導体生産量が少ない状況で、中国を排除する半導体同盟が出現する場合、中国情報通信(IT)産業をはじめ、ほぼすべての産業が否定的な影響を受けざるを得ない。

韓国が中国半導体生態系で占める役割も非常に大きい。 香港<サウスチャイナモーニングポスト>は23日、中国の「半導体崛起」戦略で韓国が占める比重があまりにも高いとし、サムスン電子とSKハイニックスを除けば「2025年半導体自給率70%」という中国の目標を達成するのが非常に難しいと伝えた。

さらに一歩進んで4国が力を合わせて中国を抜いて技術連合をすれば、後発走者である中国が一人でこれに追いつくことは容易ではない。 先端技術分野で永遠に米国に名を連ねることになるのだ。

引用元記事:https://is.gd/4nbZ2Q

韓国の反応

中国は今は韓国半導体を使用しているが、後で中国が半導体を独自生産することになれば、決定的瞬間に韓国製を使用しなくなるだろう

 

 

頑張れ大韓民国

 

 

4チップに早く加入しろ。政府は、誰か説得できる人はいないのか?

 

 

チップ4に加入しないと…アメリカの技術は使えなくて…先端装備使えなくて…韓国の半導体は終わりなのに…

 

 

これは内政干渉だろう?

 

 

彼らがNoと言えと言ってきたなら、Yesというのが正解

 

 

チップ4に加入して技術移転を遮断しなければならない

 

 

チップ4への参加は時間の問題に過ぎない。

厳選記事

おすすめ記事

-韓国の反応

アクセスランキング